お知らせとか。


デデデだけじゃダメだの話

デデデを始める時にも考えたことを改めて整理するきっかけに出会えて、それ故に悩みは深まってしまったのだけど、いつか確認する時のために書いてます。

「生き抜く」世の中ではなく、「生き合う」世の中でなくてはならない。

全文掲載されているページはこちら

大阪の校長先生が市長に直談判した手紙にあった言葉が深く刺さりました。 これまでの僕の子育ての方針は「生き抜く」ことでした。

全員で生還することを「生き抜く」とは言わないですよね。他の誰かが脱落してしまうことを容認するルールの中で最適戦略を探っていたことに気が付き、ハッとしました。

誰も振り落とさずに「生き合う」社会を作る努力をしないで、厳しい世界に耐えられるように子ども達のステータスを上げていく。
ハタと自分を俯瞰してみると、なかなかカッコ悪いじゃないかと。

こんなイメージが頭の中に出来てしまいました。

いつ津波が来るわからない海辺の街で、それぞれの家庭が方舟を作っています。
特注エンジンのためにローンを組んで、筏(イカダ)しか作れない隣の家を見て安心し、ネットで最新のGPSを調べるのに忙しい。
みんなで堤防や避難所を作るかスムーズに逃げられる仕組みを作ったほうがいいことに気が付かずに。

「根本的な問題解決よりも、自分の相対的な位置を上げることに夢中になっている。」

デデデを始めたときの僕は、自分の方舟だけゴージャスにしてもそれ以上にはならないから、みんなでもっと良い方舟を作ろうぜという考え方でした。
そう、手の届く人たち(だけ)と生き抜こうとしてました。つまり、「生き抜かない役」は出会えない誰かに押し付けるつもりだったということです。「オレ、だっせぇ、、(By 左ききのエレン)」

あれからもうすぐ2年経ちます。方舟を作ろうとしていない人も居ることや、無敵の方舟ができたところで、操作ミスや病気で生き抜けないことだって十分ありえることが分かってきました。

それならば堤防作るか、遷都するか、方舟がなくてもみんなが「生き合う」仕組みを作ったほうが生存確率は上がると、校長先生の話で決心がつきました。

デデデはコロナの様子を見ながらやり続けます。知識は奪い合うものでなく、複製して増やせるものだから、生き合う社会の実現にも良い影響を与えると信じられるからです。 そして、生き合う社会をどうやって作っていくかを考えている先達を探そうと思います。残念ながら今の自分には生き合う社会の設計図の書き方がさっぱりわからないので、、「オレ、だっせぇ、、涙」

まとまっていませんが、「あいつまだまだ甘ぇな」と思って見ていただいてた方がいらっしゃれば、とりあえず現状認識だけは一つ登ったはずなので、ご指導いただけましたら幸いです。

ひろゆきがPCを配る話

ひろゆき氏が「500万円でパソコン何台買える?」という見積もりをBTO(パソコンを組み立てて売る会社)3社に依頼したようです。無理やり公開コンペにエントリーさせられたと捉えるか、これをチャンスだと捉えるかはそれぞれの会社次第ですが、前向きな回答が揃うことを期待して見守りたいと思います。

氏が以下で公開している趣旨には共感する事が多いです。
いきなりタイピングの練習をさせたりエクセルの話をしてもパソコン嫌いを増やすだけなので、ゲームを入り口にマウスとキーボードに慣れて、あわよくば「パソコンが得意」と勘違いしてもらう作戦はデデデの方針と同じベクトルです。

https://epg.jp/pcforkids.html

ちなみにデデデは、23インチモニターでマウスとキーボードで操作するデスクトップパソコンを一式4万円で構築しました。マインクラフトがギリできます。

一式4万円
ラズパイセット(マウスとキーボードはいいヤツにしてます)

ひろゆき氏の指定は以下の4つのゲームが「きちんと動く」というものです。

  • マインクラフト
  • Apex Legends
  • フォートナイト
  • League of Legends

ここで「きちんと動く」をどのように定義するかですが、まずはそれぞれのゲーム公式の推奨スペックを見てみようと思います。

マイクラ
 Core i5 / AMD A10 3.5GHz RAM8GB GeForce700/Radeon Rx 2000
Apex Legends
 Intel i5 3570T同等品  RAM8GB GeForce GTX 970/Radeon R9 290
フォートナイト
 Core i5 3.5GHz  RAM8GB GTX660/Radeon HD 7870
League of Legends
 3GHzデュアルコア  RAM4GB GeForce 8800 / Radeon HD 5670

これらを満足するように仕様を決めると
  CPU:Core i5 3.5GHz 【約3万円】
  RAM:8GB 【約4000円】
  GPU:GTXのそれなりのやつ【3万円くらい?】
それ以外に必要なものを選んでいくと
  マザボ【1万円】、電源【3000円】、SSD【1万円】、ケース【5000円】、マウス【500円】、キーボード【500円】、ディスプレイ【1.5万円】、Windows10【1.5万円】で、13万円あれば個人でも作れるくらいかなと思います。

負けられない戦いであること、ボリュームディスカウント、自前パーツならもっと安く準備できることなど、いろんな事情があれしてこれして、1台10万円。つまり、予算500万円で50台くらいまではどこも出してくるんじゃないかと思います。

さらに「広告宣伝費と思えば安いもの、、じゃなくて、貴殿の考えに共感したので弊社から追加で50台を無償でご用意させていただきます」みたいな展開を期待します。

やれ保守がどうだ回線がどうだと言う人もいるようですが、これが進めば何十人かの子供が「ちゃんと動くパソコン」に触れる生活を手に入れられるってことです。難しく考える大人の思惑に引っ張られずに、ひろゆき氏がお金を出してパソコン好きな子供が純増するという事業がうまくいくことを願っています。