10月26日の10:00〜16:00で、第一回のデデデを開催しました。
コモーレ丹波の森さんのご厚意で貸していただいた
入り口近くの特等席にラズパイを5セット並べて、
さあいらっしゃい、いらっしゃい、と。

オープンしました。

デデデは高校生以下を対象としているので、
その枠でカウントすると、知り合いの娘さんと、
通りがかった小学2年生の男の子の合計2人
記念すべき第一回のお客様ということになりました。

かもめ食堂のように、
この2人にはずっとVIP待遇をお約束します。

その娘さんには
「右手でマウス持つからショートカットキーは左手だけで
操作できるように設計されてるんだよ」

という話をして、男の子とは
「スクラッチで作ったブロック崩しをだんだん難しくしていく」
というのをやりました。

その合間には友人知人が応援に来てくれたりもして、
お客さんは2人でも暇だなぁと思うことなく、
あっという間に6時間が過ぎてしまいました。

「傍から見て何をやってるのかわからない」という指摘を
たくさんの方から頂いて、改善点はいくつもあるのですが、
なによりも、お客さんを迎えることができたということで
とても満足しているし、年齢の違う2人に対して、
どちらにも喜んでもらえる話ができたと思います。

来てくれさえすれば、楽しんでもらえるコンテンツがあるよ
と言って始めたプロジェクトなので、お二人のおかげで、
それが嘘ではなかったという自信をもつことができました。

次回はハピネスマーケットの予定です。
看板か、ノボリか、見せ方を改善して臨みたいと思います。