コロナウィルスは収束の気配はありませんが、3月よりはいろんなことがわかってきたので、再開されるハピネスマーケットに出店申し込みをしました。

これまでは置けるだけ置く作戦でラズパイ(パソコン)を最大5セット置いてたのを今回は2セットにしてソーシャルディスタンスを確保します。

柏原住民センターさんに貸してもらえる(いつもありがとうございます!)会議机とパイプ椅子ではうまいレイアウトが思いつかなかったので、足をつける折りたたみの金具を買って、一人用テーブルを2つ作って持っていこうと思います。

自粛期間には丹波新聞さんに寄稿させてもらったり、小学校で配布されたタブレットの設定を任せてもらったりして、ITで解決できる問題がたくさんあることと、そして僕が目指している「デジタルデバイドのない社会」を作るためには、子供だけでなく親世代も学んだり取り入れたりしたいことがあることを再確認しました。

「無料パソコン教室デデデ」は子供向けを謳っていますが、2セットしか置かない今回は、お父さんお母さんにも一緒に参加してもらえることをやりたいと思いますので、ぜひ一緒に「できた!」と言って帰ってもらいたいと思います。

7月11日です。よろしくお願いします。